ニキビに効果があるビタミンC誘導体とは?

ニキビに効果があるビタミンC誘導体とは?

 

ビタミンCはニキビができてしまったときや、ニキビの跡が残ってしまった時などに有効とされています。

 

しかしビタミンCは酸化しやすいという欠点があり、保存可能な期間もとても短いため肌ケアには若干使用しづらいというのが難点でした。

 

しかし近年、このビタミンCの効能をそのままの状態で肌に浸透させるということが可能となりました。
それがビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体は、肌に吸収されるとビタミンCと同じ効果を発揮することができます。

 

具体的にビタミンCはニキビにどのような効能があるでしょうか

 

  • 皮脂の分泌を抑え、ニキビを予防する
  • 既にできてしまっているニキビを改善させる
  • 赤みや痕が残りにくくする

 

などが挙げられます。

 

 

ビタミンC誘導体は、ビタミンCによるこの効能を肌に直接働きかけることができる画期的なものなのです。ビタミンC誘導体には、水溶性・脂溶性・両方の効果がある新型の3つに分類されています。

 

水溶性は即効性があるため、すぐに効果を実感することができますが、
刺激が強いため、敏感肌の方にはあまりおすすめできません。

 

脂溶性は肌への浸透力が高く、低刺激なため敏感肌・乾燥肌の方が使用しても安心です。

 

また、新型は上記どちらの特徴も兼ね揃えているため使用範囲も広く、
最も使いやすいタイプです。

 

ビタミンC誘導体が配合された基礎化粧品は最近多く出回ってきました。
お肌と相談しながら自分が使いやすいタイプを見つけてみましょう。

 

ビタミンC誘導体より高濃度!!ビーグレンの口コミを見る>>>