生理前後ってなんでニキビができやすいの?

生理前後ってなんでニキビができやすいの?

 

女性には生理周期というものがあり、月経期・卵胞期・排卵期・黄体期という4つのホルモンのサイクルで成り立っています。
このサイクルは女性特有なことで、体には様々な変化が伴います。

 

ニキビができやすい時期もホルモンと関係があるのです。

 

生理前後にニキビができてしまう経験はありませんか?
おそらく多くの女性が体験しているかと思います。

 

生理前の時期は黄体期という時期で、この時期のホルモンは男性ホルモンと似た働きがあり、皮脂の分泌が普段よりも多くなる時期です。

 

そのため余分な脂が毛穴に溜まり、ニキビになってしまうのです。

 

ニキビ以外にも黄体期には肌トラブルが多くなるので、
この時期の肌ケアはいつも以上に優しく丁寧にしてあげましょう。

 

月経後にあたる卵胞期にも注意が必要です。

 

生理後のお肌はまだまだデリケートな状態。ホルモンも不安定な時期です。
皮脂のバランスが安定するまで無理な生活は控えて、お肌を優しく扱ってあげましょう。

 

生理周期をよく理解し、その時期にあった生活を心がけることでニキビや肌トラブルは避けられます。自分の生理周期をきちんと知っていつでもキレイな素肌を保ちましょう。

 

女性ホルモンに働きかける化粧品!!ラミューテの口コミ!>>>