ニキビを潰しちゃったときの対処法は?

ニキビを潰しちゃったときの対処法は?

 

うっかりできてしまったニキビを早く消したいがために潰してしまった経験ありませんか?

 

潰してしまえば目立たなくなり、一見きれいに見えますが本当は大きなダメージを肌に与えていることになるのです。

 

手には様々なバイキンが付いており、ニキビを潰したことにより手の雑菌がニキビ跡に付着します。

 

ニキビができた場所には既にアクネ菌などの悪い菌が繁殖しており、手の雑菌がつくことで更に毛穴は菌が増えてしまうのです。

 

潰した直後は肌は平になったように見えますが、時間が経つにつれて菌の繁殖によって毛穴が汚れて炎症を起こします。すると炎症でニキビあとは赤くなったり腫れてしまったりするのです。

 

そうなってしまうとなかなか綺麗には戻りません。数週間かかって完治するか、最悪の場合は治っても凹凸のあるクレーターのような状態になってしまいます

 

ニキビができてしまったらいじらない。

 

これが最も大切なことです。

 

しかしどうしても気になって潰してしまった場合にはビタミンC誘導体配合の化粧水をコットンにつけて潰したところにつけてあげましょう。

 

それでも治らない場合には皮膚科に行ってお医者さんに看てもらうことが大切です。
そして潰してしまったニキビ跡は必ず清潔に保つようにしましょう。

 

メイクや髪の毛がニキビ跡に触れると、その場所には大きなダメージとなります。

 

なるべく摩擦などが起こらないように、その部分だけメイクは控えたり、まとめ髪にするなどしてニキビ跡の刺激にならないように気をつけましょう。

 

ニキビを潰してしまった肌は傷や皮膚炎と同じなのできちんとケアをして対処しましょう。