大人ニキビと思春期ニキビの違いは?

大人ニキビと思春期ニキビの違いは?

 

大人ニキビと思春期ニキビ。

 

ただ単純に大人なってできるニキビと、思春期の頃にできるニキビ……というだけではなくて、同じニキビだけと実はその原因や特徴が違います。

 

2つのニキビの主な特徴を見てみましょう。

 

大人ニキビ

大人ニキビは、あごや口まわりなどのいわゆるUゾーンにできやすいニキビ。

 

できる原因は人によって様々ですが、ストレスや不規則な生活習慣からきていることが多く、同じところに繰り返しできるのと治りづらいのが特徴です。
生活習慣やスキンケアの見直し、ストレスのない生活を心がけることが大切になります。

 

思春期ニキビ

思春期ニキビは、おでこや鼻まわりなどのいわゆるTゾーンにできやすいニキビ。

 

思春期と名のつくだけに、成長期のホルモンバランスの変化による皮脂の分泌が原因です。
治すためには皮脂量と水分量を適度に保つことが肝心で、洗顔で皮脂をやさしく除去することやニキビ化粧品による有効成分と保湿ケアをすること。

 

ただ、思春期ニキビの場合ホルモンのバランスが整うと比較的落ちついてくるのも特徴です。

 

 

このように、ニキビのできる場所、原因、改善策などもこの2つでは異なってきます。